土-1,2、木-3コース:「木工技術(継ぎ手) 留形相欠き接ぎ」

この留形相欠きお接ぎの継ぎ手もヨーロッパの額縁では見かける継ぎ手です。

前から見た組み合わせ前

前から見た組み合わせ前

表からの組んだ様子

表からの組んだ様子

前から見ると普通の45度にカットした額縁です。

組んだのを裏から観たところ

組んだのを裏から観たところ

裏から見た組み合わせ前

裏から見た組み合わせ前

表側 接合部の拡大

表側 接合部の拡大

裏側 接合部の拡大

裏側 接合部の拡大

土-1,2、木-3コース:「木工技術(継ぎ手)」

額縁を作る時は四隅の継ぎ方が大きな課題です。
このタイプはイタリアでも伝統的な「先細になるカギを埋め込んだ
斜め継ぎです。

額縁の組み立ての表側

額縁の組み立ての表側

額縁の裏側

額縁の裏側

木工技術(ゴチック様式の額)

立体的な重圧感のあるゴチック様式の額の作成過程の一部です

さらに複雑な組み方をすればゴチック式の額もごらんの通り。こうなると額縁は平面ではなく、立体作品としての存在感を示します。


複雑な柱の部分はこのように作ります。