Home // 未分類 // 古典技法について

古典技法について

 現代の私たちの美への意識は遥か遠い古代ギリシア時代に遡ります。その明晰な理念は、調和を重んずる形式、理想的な人間像を重視した考えに基づいた技法と言えるでしょう。古典技法とは、時代を特定出来るものではありませんが、現在の技法と比較するとその特徴は鮮やかに見えてきます。 それぞれの時代において、各技法はその理想に向けた試行錯誤の上に、積み重ねられた経験が伝統となり、それが培われて受け継がれてきたのです。その工程は、常に手順を遵守しなければならず、終始一貫して綿密な手仕事の技によってのみ、成し得る方法だと言えるでしょう。

 

 絵画における古典技法とは、昔日の巨匠と呼ばれる画家達、すなわち13世紀から15世紀までのテンペラ画家、14世紀から17世紀までのテンペラと油を併用した画家、16世紀後半から17世紀にかけての油彩画家などが実践して行ってきた技法を指します。それぞれの時代において、この技法的な探求から表現までもが大きく変化してきました。  一方、額縁においては、当初は絵画と一体化して製作されていましたが、絵画を嵌めるものとしての機能をもつようになってからは、絵画とはそれぞれ別の道を歩むことになります。その古典技法とは13世紀から19世紀頃まで、工房毎に職人が木地を組んだ後に、膠と石膏や白亜をまぜて下地を塗っていた時代までの作り方を指します。その後の仕上げの処置に関しては、様々な素材・技法を使った、実に多様な仕上がりになってきました。絵画では使われなくなった古の技法も、額縁制作においては、現在でも使われ続けている古典技法もあるのです。[AtelierLAPIS]は、この壮大なテーマに挑戦し追求し続けています。

 

素材について=Glue(膠)

 今の私たちには触れることは少なくなってきましたが、石油から作られる合成樹脂が生産されるまでは、膠は木工製品や合板の接着など接着剤としてあらゆるところで使用されていました。現在では、その柔軟性から楽器制作などでも使われ続けています。古典技法においてはこの膠が欠かせない素材なのです。

接着剤としての膠は5000年以上前のシュメール時代から使用されていたと言われています。牛、鹿、兎、魚等の動物の皮革や骨髄を煮て濃縮させて固めて採られます。主たる成分はゼラチンで、不純物が多いほど色が濃く、獣などの独特の臭いを発します。その原材料からそれぞれ若干性質が異なって棒状、板状、粉末状など、さまざまな形状の製品があります。

チョウザメの浮き輪から作られる「アイシングラス」。医療用として使われます。
兎の皮から作られる膠。古典技法では、このタイプの膠をよく使います。
これも兎膠です。(ドイツ製)

 一般的に絵画用に使用される膠は多少不純物を含み、骨よりも皮から採ったもの方が、柔軟性と耐久性があり適していると言われています。60度未満で温めるとゾル化して、冷やすとゲル化となって固化する性質を持ちます。作業中は一定の温度を保たねばならず、ゲル化したものも、再び温めて液状に戻しても使用できるのです。塗布した膠液の層はまず冷えてゲル化し、その後、水分が蒸発するにしたがって乾燥し、乾燥した膜は非常に硬くなります。しかし乾燥しても耐水性とはならず、湿気には大きな影響を受けてお湯には再溶解する特性を生かして。ヴァイオリンなどの楽器制作をはじめとする木工品の場合、修復の際に大きな利点となるのです。絵画や額縁においても、その柔軟性と耐久性が故に長きに渡って使われ続けられたのだと思います。その期間に人は最大限に活用して数多くの芸術作品も生まれました。購入した状態の乾燥膠は非常に長い期間経ったものでも使用できるのですが、水溶液にしたものは腐敗しやすく、冷蔵庫に保管しても最長1ヶ月前後が使用限度の目安となります。

水が媒体になります。
指定の量の膠をこのように注ぎ、一昼夜ふやかします。
膠が水と馴染むようにふやかします。
60℉くらいに湯煎するとこのように溶けた液体になります。
これを支持体などに塗布します。
保管は腐敗が進むので、冷蔵庫に入れて保管するとゲル化し、スプーンですくってもこの通り。湯煎すると再び液体に戻ります。

 実は現在の我々の食品には、更に純度を増した「ゼラチン」が食品のゼリー、ヨーグルト、ハム、チーズ等のゲル化剤、増粘剤、安定剤としても多用されているのです。

 

 

 

 

戻る

Posted in 未分類

Comments are closed.