金箔技術

Posted in: 金箔技術

我々が最も憧れを持つ金
何故憧れを持つのか?この金属の持つ品と暖かみが存在感を表し、彼の世界を彷彿させるからなのでしょうか?
自然界ではこのようにひっそりと存在しています。(中央に見える小さな物質が金です。)

金箔
それらを集めて金の塊にした後で叩いてゆき、このような金箔にしてゆきます。
我々が利用するのはこの金箔の状態からです。

金箔の道具
この金箔を扱うのにこのような道具を使います。

金箔技術とは、地塗り上に薄い金箔を全体にあるいは部分に覆うことである。
最古の例はエジプトの墓に見出される。4世紀以降、ビザンチンあるいは早期キリスト教の聖像画において、その後の中世の木板画の画像の背景に金箔が貼られている。金は色ではなく神性の象徴であった。
イタリアに技術が流入し、背景に金箔が貼られた絵画が登場してからの技術的な発展は著しい。最も潤欄豪華だったのはシエナ派という一派が最盛期を迎えた時である。

(石原靖夫氏のイタリアテンペラ技法見本を 筒井が模写制作)

刻印技法(Punch)

金属製や木製の様々な模様の刻印棒などを使って上から叩いて金箔の表面に刻印を打って模様を作る技で繊細な模様が可能となる。写真では梨地のようではあるが、模様の刻印棒を用いればその模様の印が打てる。

パスティーリャ技法 Pastiglia

石膏を筆で装飾模様に載せてゆく浅い浮き彫り装飾。重ねたり削ったりして作ってゆく。

グラッフィート技法 Sgraffito(Tecnica a Graffito)

磨いた金箔の上からテンペラ絵具を塗り、
そして串などで引っ掻いて絵具をとってゆく技法です。

それにより金色と絵具の色の強く対比された模様の表現が可能になります。

ミッショーネ技法(Tecnica a Missione)

ミッショーネ技法とは、テンペラ絵具等の上から
水性や油性のニスで画面に筆で模様を描き、一定の時間を置いた後に
その上から金箔を置いて固定するものです。
乾いた後で、ニスで塗った場所以外の部分は筆で軽く掃くと余計な金箔は取り除けます。水張り技法に比べて工程は少なく細かな模様を金箔で表現出来ます。

Comments are closed.