生徒さんの声

土曜日

             Benozzo Gozzoli 模写    KYさん

長野で縁があってテンペラ画を習い、その仲間数人と月1回集まって細々と描いていましたが、この技法を使ってフォトフレームなどを作れたら楽しいのではないかと思いつきました。
仲間の1人が、「こんなところがあるわよ」と教えてくれたのがアトリエラピスのサイトでした。ネットで検索してくれたのだと思います。
長野にはこんなところはないし、教えていただけるところはもちろん無いので、行ってみようと思いました。
見学に行ってみると、黄金背景のテンペラ画が普通に飾ってあり、必要な材料が全てあって、あぁここに居たいとすぐに思いました。
先生や皆さんとの会話も、普通にテンペラや美術館や建築など芸術の話題が上って、話が通じる心地よさがありました。会社員をしていると、このような場は本当に貴重だと感じます。
額縁を作ることは、テンペラ画とはまた違う技法があり、ラピスで学べた事で、楽しみの幅がまた広がりました。
古典絵画技法をここで学べ、そして仲間がいるというのも心強いです。
月1回東京の空気を吸うことも、もちろん楽しみのひとつです。
まだまだ知らない事がたくさんあり、先生を頼って色々な物を作ってみたいです。         土曜日受講       長野県上田市在住  KYさん

教室に通い始めて2年目になります。自分で描いた絵を自分で作った額縁に入れたいと思い入会しました。額縁と一緒に金地テンペラ画も勉強しています。額縁制作では、作業工程が多く扱う道具も慣れないものばかりなので、はじめのうちは緊張していましたが、いつも先生が私の些細な質問にも真剣に答えてくださり、適切なアドバイスを下さるので、安心して作業を進めることができるようになりました。休憩タイムではお教室の皆さんとおしゃべりをしながら楽しく有意義な時間を過ごさせていただいています。        土曜日受講          宇都宮市在住   JNさん

             春のひとコマ    T.Sさん
教室に通って早7年になり、曲がりなりにもテンペラ画を描き続けております。まとまった時間がとれなくても、長く続けてこられたのは、ひとえに先生のきめ細かい指導と、必要な道具が常に準備され、制作に取り掛かりやすい環境にあるからだと思います。 また、教室で飾られている先生の作品をはじめ、他の方の作品を拝見するたび、「今度はこれ描きたいから頑張ろう!」「こんな素敵な絵、部屋に飾りたい」と創作意欲をかきたてられるからです。 数年前のグループ展に出品した絵についても、忘れられない感動した情景を絵にするための構図を練るときは悪戦苦闘し、先生にイメージの下絵をみせ、写真を提供して戴いたりアドバイスを受けながら仕上がった絵を前に感動したことは、貴重な思い出です。             土曜日受講        横浜市在住 T.Sさん