メタルポイント

Metal point

メタルポイントは別名スティルスとも呼び、
金属の細い棒の先をちょうど鉛筆の芯の先のように尖らせた筆記具です。
一番良く使われたのは12、3世紀の頃から17世紀前半頃までと思われます。
今日の鉛筆の前身に相当する黒鉛小片が普及し始めると急速に廃れてしまい、
一番良く知られ、遺例もあるのは銀を使ったものです。
日本では銀筆、銀尖筆などども訳していますが、最近では英語読みの
シルバーポイントの名で通用しています。

Silber point
シルバーポイント1
ステッドラーのホルダーですが、中に銀の棒を入れ、先端を削っています。
….