Home // Articles posted by admin

Wood Working

       木工技術

 絵画や額縁において、最も大事になるのが支持体です。その支持体を作成するには、木工作業は欠かすことの出来ないものです。しかし、木工技術の前に木材の挙動性を知っておく必要があります。木材は湿度の変化によって膨張と収縮を続ける独特の生きた素材です。 この湿度というのは、あらゆる木製品のデザインや構成において木工制作者がうまく対処しなければならない要素です。木材の中には他の種類よりも加工しやすいものがあり、そして木材の種類にもよりますが、同じ木材でも1つ1つの木材が、木目のねじれ方や曲がり方においてそれぞれ独特な特徴があるのです。 木工には旋盤作業、木彫、家具製作、指物細工といった多種多用な作業がありますが、それぞれ計測、墨付け、木作り、組み立て、仕上げなどの基礎を身につけてゆきます。 木作りとは、素材を正確に寸法通りに加工する過程です。 どのような単純な木工作業でも、さまざまな継ぎ手の加工や組み立てが必要です。昔から継ぎ手の製作は、木工作業者の技術を測る尺度と考えられてきました。上手に継ぎ手を作るためには、美しくそして強度を損なわないように慎重に1つの木材を他の木材に接合する最適な方法がわかるだけの経験を積んでいなければなりません。
木材の仕上げは木製品の外観には大変重要なので、伝統的には個別の技能と考えられてきました。木材本来の色や美しさを引き出すのは、ニスを塗ったり磨いたりすることなのですが、最終的に素晴らしい成果を得るためには表面を極めて丁寧に調整していくことです。これは少々退屈ですが大変重要な仕事です。
電動工具の数々
電動工具や機械を使った木工作業の方が、簡単で速く正確で大量に加工することができ便利ですが、その特徴と特性とよく理解した上で、緊張感を保った上で扱わなければ、操作を誤ると双刃の剣で危険な道具にもなってしまいます。一方手工具による作業は、木材に無理な負担をかけず木目を壊さず切ったり形を整えたり、細やかな複雑な形を作り上げる上では、最も大切な方法です。少しずつ経験を重ねて技能を伸ばしてゆけば、全ての熟練工が言っているように、作業に必要な機械を調整している間に手工具を使って仕事を終えてしまうことも多いのです。  機械化された工具を置いている作業場は数多くありますが、、自分は何をするのがいちばん楽しいかを経験してから自分に最も適した機械を揃えるのでも決して遅くはありません。手工具と電動工具を上手く使い分けながら制作に役立てると良いでしょう。  実際の経験は、それ以上に有能な教師はいません。
手工具の数々
右から順に制作過程を示しています。一番左は表面塗装も終えた完成版です。

Molding (刳り型)

moldingとは額縁の元となる木の棹を指します。元々は柱や建築物の段差に嵌め込む装飾的なものが、次第に独立して額縁に使われるようになったのです。

様々な形のMolding


Moldingの組み方

その組み方によって次第に額縁が出来上がってくるのです。

ライナーと呼ばれる部分です。
ライナーの外側にMoldingを切って額縁本体ができます。
それを繋げると額縁らしくなります。

様々なJoint (接合)

木工技術は、、、

Miter Joint 最も基本的なJointです。
その裏側です。

この留形相欠きお接ぎの継ぎ手もヨーロッパの額縁では見かける継ぎ手です。

前から見た組み合わせ前

前から見た組み合わせ前

表からの組んだ様子

表からの組んだ様子

前から見ると普通の45度にカットした額縁です。

組んだのを裏から観たところ

組んだのを裏から観たところ

裏から見た組み合わせ前

裏から見た組み合わせ前

表側 接合部の拡大

表側 接合部の拡大

裏側 接合部の拡大

裏側 接合部の拡大

 木工技術はちょっと苦手!という方もご安心下さい。既に組んだ木地のキットもLAPISにはあります。そのような方には木工作業は省いてスタートすることが出来ます。
 

     戻る

タトウ制作

もともとの由来は「畳紙(たとうがみ)」からきているとのことです。

着物を畳んでタンスにしまうための紙からこの名前が来ています。

ここではタトウとは額縁を保管するための箱のことを指します。
これは多分日本で絵画作品の保管と運搬のために開発されたものと思われます。

絵を保護するのに額縁が必要です。

例えば壁から絵を外して、押し入れにしまったり運んだりする時には、どうしても額縁が傷んでしまいます。

愛情を注ぎ込んだ額縁自体を守るためにも必要なものです。

素材は段ボールやボール紙、ベニヤ板などがあります。

ここではボール紙を使って箱本体を作り、それに布クロスや見返り紙を貼り豪華な雰囲気にして 差し込み式のタトウを作ります。
そして、ウコンの袋で作品を包んで、タトウの中に作品を入れれば全て完成です。

象嵌 Inlying

象嵌とは異なる木などを模様の形に切り抜き、貼り合わせてゆく最高の技術です。

絵画よりも更に手がかかるかも知れません。

天然の木の素材感が落ち着いた味わいを出してゆきます。

下の作品はまだ木地のままで未塗装の状態です。塗装が行われると更に一体感が生まれます。

内側の模様は変更して全体に塗装をしてみました。

すると木目がくっきりと浮き上がってきました。

まだまだ時間をかけて塗装も熟成してから塗ってゆきます。

段々と先が見えて来て苦労した甲斐がありました。気に入った1作になりそうです。

金箔技術 Gilding

我々が最も憧れを持つ金
何故憧れを持つのか?この金属の持つ品と暖かみが存在感を表し、彼の世界を彷彿させるからなのでしょうか?
自然界ではこのようにひっそりと存在しています。(中央に見える小さな物質が金です。)

金箔
それらを集めて金の塊にした後で叩いてゆき、このような金箔にしてゆきます。
我々が利用するのはこの金箔の状態からです。

金箔の道具
この金箔を扱うのにこのような道具を使います。

金箔技術とは、地塗り上に薄い金箔を全体にあるいは部分に覆うことである。
最古の例はエジプトの墓に見出される。4世紀以降、ビザンチンあるいは早期キリスト教の聖像画において、その後の中世の木板画の画像の背景に金箔が貼られている。金は色ではなく神性の象徴であった。
イタリアに技術が流入し、背景に金箔が貼られた絵画が登場してからの技術的な発展は著しい。最も潤欄豪華だったのはシエナ派という一派が最盛期を迎えた時である。

(石原靖夫氏のイタリアテンペラ技法見本を 筒井が模写制作)

刻印技法(Punch)

金属製や木製の様々な模様の刻印棒などを使って上から叩いて金箔の表面に刻印を打って模様を作る技で繊細な模様が可能となる。写真では梨地のようではあるが、模様の刻印棒を用いればその模様の印が打てる。

パスティーリャ技法 Pastiglia

石膏を筆で装飾模様に載せてゆく浅い浮き彫り装飾。重ねたり削ったりして作ってゆく。

グラッフィート技法 Sgraffito(Tecnica a Graffito)

磨いた金箔の上からテンペラ絵具を塗り、
そして串などで引っ掻いて絵具をとってゆく技法です。

それにより金色と絵具の色の強く対比された模様の表現が可能になります。

ミッショーネ技法(Tecnica a Missione)

ミッショーネ技法とは、テンペラ絵具等の上から
水性や油性のニスで画面に筆で模様を描き、一定の時間を置いた後に
その上から金箔を置いて固定するものです。
乾いた後で、ニスで塗った場所以外の部分は筆で軽く掃くと余計な金箔は取り除けます。水張り技法に比べて工程は少なく細かな模様を金箔で表現出来ます。

タトウ

タトウは、大切な紙類や作品をしまうのにそれらを綺麗に包むものです。

四方帙(しほうちつ)


上の四方帙を畳んだところ


額縁を入れるタトウ箱。マーブル紙を使っています


こちらも、額縁のタトウ箱にマーブル紙を使用

● アトリエ・ラピスでは、作品、工芸品などのご注文を承っております。

詳しいご連絡は、メールまたは電話にてお問い合せください。
⇒ アトリエ・ラピス【お問い合せ】のページを見る

木彫 Wood Carving 

こちらの生徒さんは透かし彫りの葡萄のある額縁の制作途中です。
木彫は芸術性と技巧の融合です。木彫の技巧とは、いかに効果的に不要な部分を削ぎ落としていくかということで、真髄はそのデザインです。 額縁で使うのはレリーフです。

レリーフ(英: relief、仏: relief ルリエフ、伊:relievoリリエーヴォ) その語源はラテン語の動詞relevare(「浮き彫りにする」の意)であり。イタリア語の「突出部」「浮彫り」などを意味する「リリエーヴォ(rilievo)」に由来しています。

平面を彫り込む、あるいは、平面上に形を盛り上げて肉付けした彫刻によって図像や装飾模様を表わしてゆきます。 木彫におけるレリーフは、木材の表面を比較的浅く、粗取り、粗掘り、部分の造作を通じて仕上げてゆく技法です。 レリーフは、彫りの深さによって、深彫りと浅掘りに分けられます。手順は、下絵を木材表面に写すトレース、その輪郭の周囲の不要部分を削り落とす粗取り、各部の大まかな高さを調整する粗彫り、そして彫刻刀で内部や外部を細かく仕上げてゆく、仕上げ彫りとすすんでゆきます。通常は、絵画と同じく、正面から見られることを想定してデザインします。

日本では見る事が少ない西洋彫刻刀です。ここではこの彫刻刀を彫りで使います。

 

 

 

 

 

 

西洋の彫刻は奥行きがあるので、刃先が長いこの彫刻刀は重宝します。

                       マレーという西洋木槌で叩いて彫りを進めます。

全体の彫りです。

   このような繊細な連続模様もCarvingによって行います。                              

    Lamb’s Tang(羊の舌)のrunning pattern(連続模様)

        Ribbonのrunning pattern(連続模様)

 

Moldingに貼り付けて組み合わせて固定します。

     マイターで貼り合わせるとコーナーはご覧の通り。

 

          全て組み上げた全体像です。

 

Ribbon and Stickの見本
リボンと小枝の装飾模様の彫りで18世紀のフランスの額縁で使われた模様

Egg and Dartの見本
卵と矢の装飾模様の彫りで19世紀のフランスの額縁で使われFluteと呼ばれる小湾型の縦溝彫りの外側によく用いられた模様。

Beadsの見本
これもよく用いられる。とても可愛らしい半球の玉の連続模様の彫りです。

 

 

ゴチック式の浮き出し彫りの見本

16世紀の大理石の彫りですが、書物には聖ブノワ、パリ(ラシネ)という記載しかありません。ここでは石の彫りは出来ませんので木彫で彫った後で大理石風にFinishします。



 

      戻る