土-1,2、木-3コース:「木工技術(継ぎ手) 留形相欠き接ぎ」

この留形相欠きお接ぎの継ぎ手もヨーロッパの額縁では見かける継ぎ手です。

前から見た組み合わせ前

前から見た組み合わせ前

表からの組んだ様子

表からの組んだ様子

前から見ると普通の45度にカットした額縁です。

組んだのを裏から観たところ

組んだのを裏から観たところ

裏から見た組み合わせ前

裏から見た組み合わせ前

表側 接合部の拡大

表側 接合部の拡大

裏側 接合部の拡大

裏側 接合部の拡大

土-1,2、木-3コース:「木工技術(継ぎ手)」

額縁を作る時は四隅の継ぎ方が大きな課題です。
このタイプはイタリアでも伝統的な「先細になるカギを埋め込んだ
斜め継ぎです。

額縁の組み立ての表側

額縁の組み立ての表側

額縁の裏側

額縁の裏側

タトウ制作

もともとの由来は「畳紙(たとうがみ)」からきているとのことです。

着物を畳んでタンスにしまうための紙からこの名前が来ています。

ここではタトウとは額縁を保管するための箱のことを指します。
これは多分日本で絵画作品の保管と運搬のために開発されたものと思われます。

絵を保護するのに額縁が必要です。

例えば壁から絵を外して、押し入れにしまったり運んだりする時には、どうしても額縁が傷んでしまいます。

愛情を注ぎ込んだ額縁自体を守るためにも必要なものです。

素材は段ボールやボール紙、ベニヤ板などがあります。

ここではボール紙を使って箱本体を作り、それに布クロスや見返り紙を貼り豪華な雰囲気にして 差し込み式のタトウを作ります。
そして、ウコンの袋で作品を包んで、タトウの中に作品を入れれば全て完成です。