Home // 未分類 // Classical Oil Painting 古典油彩画

Classical Oil Painting 古典油彩画

Classical Oil Painting   古典油彩画

油は古くはエジプト文明でミイラに塗られており、そして
 15世紀にファン・エイクは油画の表現とその技法基礎を確立した。油性絵具は、水性に比べて乾燥しにくいため、ぼかすことができ、より写実的な表現となった。そのため、後に油彩画は、テンペラにかわって西欧絵画において広く用いられることとなった。その画面はしっとりとした濡れ色になり、そのグレーズによる発色の美しさは、現在においても特筆に価する。

イタリアでは16世紀までテンペラと油が混用されて支持体を木板に描かれていたが、ヴェネツィアでは湿度が高く、木板の反りやその重量が問題となっていた。そこで、海上交易が盛んであったことから、帆船の帆布を使うキャンバス画が登場した。木枠にキャンバスを貼って絵を描くスタイルが、ここから始まり大作が描かれるようになり、やがてイタリア全土へと広がって今日の油画の基本がここで出来上がることとなる。
 その後、17世紀のルーベンスやレンブラントらによる第2 フランドル派や、18世紀のアカデミー、19世紀の印象派、20世紀の多数の芸術運動や合成樹脂を含めた絵画技法へと繋がっていった。現在の日本で使用されている油絵はこの印象派以降のスタイルである。
この教室では15世紀のファン・アイクらやその他の流派が使用したであろうと思われる技を使った作品作りを行なっています。その最大限の特徴はグレーズによる発色の美しさにあります

この教室ではこの魅力的な発色に取り組むことができます。
対象曜日:土曜日
Posted in 未分類

Comments are closed.