Sizing and Ground 下地 

前膠 Sizing

下地づくり

  地塗り塗料を塗布する前に行われるのが前膠(Sizing)です。膨潤の時間が長く最も水の影響を受けにくいことから兎の皮から作られる膠が主に使われてきました。支持体と絵具層の絶縁をすることにより、メディウムの酸化が与える支持体へのダメージを回避すると同時に、板からの木材のアクが描画層に染み出してくるのを防ぎ、また、支持体と地塗り層との固着を強める働きも大事な役割です。キャンバスに塗布する場合、布の織り目の間を埋める目止め剤としての働きとともに、その接着力によって布の織り目を固定し、支持体としての「硬さ」を与えることも重要な点です。

地塗り層  (Ground)

地塗りには二つの機能があり、ひとつは表面の平滑かつ均質化、もうひとつは表面の吸収力の調整です。  絵具層の発色自体が地塗り塗料によって左右されるため、地塗り塗料は明るくします。特に油絵の場合は、暗い地塗りは地塗り色がやがて浮き出してくると言われています。 絵具を受ける地に要求されることは、それ自体が柔軟で丈夫で耐久性があるということではなくて、地を覆う最終的な絵具層に結びつけるのに受けてとなるための望ましい特性が必要です。
左がアクリルジェッソと右が石膏液その違い
膠により充填した地塗り層は、糖衣やフルーツの上にかける透明ゼリーのようなnappage(ナパージュ)のように支持体を包み、その支持体自体の形態を柔らかく包み込む効果を生み出します。これは合成樹脂による地塗りでは決して表せない効果です。

地塗りの変遷 =カルシウム化合物

カルシウム化合物は太古の海に生息したプランクトンなどの死骸が層をなして堆積したものです。火山活動が少ないアルプス以北では白亜(炭酸カルシウム)層ができ、イタリア半島周辺では火山活動で出来た二酸化硫黄(亜硫酸ガス)と反応して出来たものが石膏(硫酸カルシウム)層です。下地づくりのそれぞれの材料は、その地域の地質に由来します。
白亜
ボローニャ石膏
15世紀イタリア絵画の技法について記したチェンニーノ・チェンニーニは石膏を使った当時の処方について詳しく書いています。充分に乾燥させた良質のポプラの板の上には古い麻が貼られ、その上にヘラや豚毛の筆で石膏による幾層にも及ぶ地塗りが重ねられました。そしてまだ表面が粗い石膏地は乾いた後に金属板で削り取るように研磨されたのです。磨かれた石膏地に反射する光の明るさはテンペラ絵具の鮮やかな発色を下支えし、またその加工性の良さは、盛り上げ、刻印などの様々な技術を用いた金箔による優れた装飾表現を生み出したのです。 一方、15世紀北方フランドルの画家たちは、主に硬い樫材を用い、膠で絶縁層を作った上に直に白亜地を施しました。それらは硬質なので、比較的薄い層で刷毛塗りされています。膠の縮みにより板の反りを防ぐために、前膠は板の裏面にも施され、時には地塗りも施されました。その目的は画面に白さを与え、また適度な吸収性によって絵具層の固着をよくするために用いられたのでした。北方の画家たちは、彼らによって確立した油彩技法に、この白亜による輝く白さを最大限に利用したのです。光をもっともよく反射する下地の白は反射板として機能し、数層にわたって重ねた透明な油絵具層の下で絵具に輝きを与えました。
15世紀イタリア。ヴェネツィアで本格的な麻布の使用が始まると、画家たちはそれまで板地に使っていた水性石膏地をそのままキャンバスに使用しました。本来は硬く割れやすい水性地下地から、やがて試行錯誤を繰り返し、板に比べて伸縮の大きいキャンバス地の経年の動きにも対応できる、より柔軟な油性地が使われるようになったのでした。

戻る

“Sizing and Ground 下地 ” への2件の返信

  1. ピンバック: Glue 膠  | Atelier LAPIS

コメントは受け付けていません。