Home // 未分類 // 黄金背景テンペラ画   Tempera Painting

黄金背景テンペラ画   Tempera Painting

 原始の時代から絵を描きたい時には、その材料は最も身近にある素朴なものから作られていました。獣の皮や骨を煮出してとれる膠などの接着剤や卵の黄身の固着力を利用し、それに色のある土や石、岩などを砕いた粉末顔料や木の樹液、草の汁、動物や昆虫の出す液体などから抽出した色素などを混ぜて絵を描いていたのです。
 

 

黄金背景テンペラ画  Tempera Painting  

 中世(11~13世紀)のヨーロッパではこうしてものを混ぜて絵を描くことをテンペラといい、その語源はラテン語のtemperare(混ぜる、調合する)でした。古くはエジプトのミイラ棺の肖像画にも見られ、そしてビザンティンではイコン画(聖像画)にも使われました。
 
 やがて、テンペラ画が大きく開花したのはルネッサンスを境として発展したヨーロッパの宗教画です。当時の聖書はヘブライ語やラテン語やギリシア語で書かれていたので、それを読み解くことのできるのは限られた聖職者のみでした。一般の人々は文字からではなく、聖職者の解釈から教えを受け、絵画はまさに人々にキリストの教えを示すものとして、黄金を伴いながら輝いていたのです。

Water Gilding

別の生徒さんの作品:背景に金箔を水貼りして磨き模様を入れたところ。
鏨打ちが終わったところ。これから天使の描写です。
 当時の画家は職業としては独立しておらず、金銀細工の装飾品や家具などを手がける工房職人の一人でした。その工房に徒弟として入り、絵画のみではなく、装飾も含め、幅広く様々な技術を習得したのです。板の上に石膏を施し、レリーフなどの装飾を加え、その上に金箔を置き、瑪瑙棒で磨いたのちに、最後に絵具を作り、テンペラ絵具で彩色する。当時の画家たちがこのような幅広い作業を行うことができたのも、その取り巻く環境からも頷くことができます。黄金背景テンペラ画はこのような環境の中で生まれたのでした。
 テンペラ画の描写で特に用いられるのが、ハッチング(Hattching)と呼ばれるものです。細い筆の穂先を使用するため、筆に含むことのできる絵具の量が少量のため、Hattchingの1ストロークの長さが1cmほどの長さになるのです。短い線による筆致を重ねてゆき、筆致の多少による集積の層を作ることによって、濃淡の階調をつけて描きこんでゆきます。そうすると、やがて隙間のある独特なリズム感のある重なりによって美しい階調を作り出すことができます。  
 微妙な色調を表すには、ハッチングの間から見える異なる色が、点描と同じく網膜上で明るい色どうしが混色されるため、濁ることなく鮮やかな色調を生み出し、テンペラ画が明るい色を放つ要因の1つになります。
また、彩色層の上へ重ねて、更なる彩色を行う場合、上層部のリタッチで未乾燥の下層が崩れることが多くなるために、乾燥の早いハッチングや点描による描写技法は不可欠だったのです。また、その絵具は見かけの乾燥が速く、油彩のような指先でぼかす技法などが無理なことからも、描いた感じとしては若干硬い表現になりますが、諧調をつけるのにはハッチングが最適なのです。
     黄金に輝く金箔と明るい色調のテンペラ画、巡覧豪華なこの組み合わせはまさしく奇跡の組み合わせと言えるでしょう。 そのような中でテンペラ画の技法は開発され、試され描かれていったのですから、その技法としての完成度が、見る人々を何百年にもわたって感動させ続けることができたのでしょう。

参考文献:

  マックス・デルナー「絵画技術体系」                   紀伊 利臣 「黄金テンペラ技法」

                  三浦 明範 「静物画講座 No5」

                   高橋 常政  絵画技法体系

               石原靖夫 「金箔地テンペラ画の実際」

対象曜日:月曜日・木曜日・土曜日


戻る

Posted in 未分類

Comments are closed.