Home // 未分類 // デッサン Dessin

デッサン Dessin

デッサンとは  浮かんだイメージや人物、風景などの形、明暗などを、黒あるいはセピアなどの単色で、紙面へ主に描線で比較的簡易に描き出したもので、場合によっては陰影や彩色も施される。

素描  Dessin

素描 、Dessin(仏) 、Drawing(英)

作者にとって最初の構想を思うがままに最も直接的に表したもので、発想のコンセプト、構図、形、陰影、量感、質感、全体感、テクニックなどの全ての本質的な要素がその中には含まれている。
さらに、形(form)、動き(movement)、比例(proportion)、調子(ton)、均衡(balance)、奥行(perspective)、輪郭(contour)、明暗(clair obscur)、黒白(noir et blanc)などのバランスもとりながら行う。これらの点では調和・理性・美・秩序を礼賛したGolden age of Art(アートの黄金時代)のギリシア時代のものの考え方が継承されているからである。
絵画、彫刻、デザイン、工芸、建築など美術のそれぞれの分野で重要な核心となる所以である。  
それ自体が制作の目的ではなく、なんらかの描くという動機によってクロッキーcroquis(仏)、スケッチsketch(英)、完成作品の下絵のエスキースesquisse(仏)、粗描のエボーシュesquisse(仏)、芸術作品の対象となるものを研究する習作のエチュードétude(仏)、モザイクやフレスコでは粗塗り漆喰の上に直に描かれた原寸大下絵はシノピアsinopia(仏)、紙に描かれた同寸大下絵のカルトンcarton(仏)と呼ばれ、実に多種多様である。
いずれにせよデッサンは本来創作の予備的、準備的段階における副産物であった。しかし近代では、特有の芸術的価値が認識され、素描自体を目的とする作品が現れて独立した絵画の一分野と見なされるようになっている。

参考文献:新潮世界美術辞典

ジュリエット・アリスティデス 「ドローイングレッスン」

伊藤 廉 「デッサンのすすめ」

Wikipedia

この教室では、単純な材料から複合的な材料の組み合わせで取り組むことができます。
 対象:土曜日
Posted in 未分類

Comments are closed.